オール電化ならではの節約方法

“オール電化の家では電気代が高くなります。
私はオール電化のマンション暮らしで、何もしないと電気代が月3万円近くなってしまいます。
そこで私はまずエアコンをやめました。もともと付いていたエアコンで割と新しいものでも、付けないだけで3000円は安くなります。
特に掛かるのが追い焚きとIHコンロです。
追い焚き機能は便利なのですが、1日に何回も使うのはお金ね無駄なのでお風呂へ時間を決め、連続して入れるようにします。
IHコンロは暖かくなるのに時間が掛かります。またお湯を沸かすのには向いていません。
お湯を沸かすのにも約7分から掛かります。これを短縮するだけでも大分料金が下がります。
私は電気ケトルで沸かすか、卓上ガスコンロで沸かすと早いので基本的にIHコンロは使わないようにしています。これだけでもかなりの節約になります。
また、水道のお湯を出すのにも電気を使っているので時間が掛かります。待っている間、水道代ま勿体ないので蛇口は常にぬるま湯が出るところで、止めておくとすぐにぬるま湯が出て、熱いお湯も出やすくなるので電気代が安くなります。
また寒い冬ではストーブが欠かせませんが、こたつを使うことによりストーブを付けない時間帯を設けることでかなりの節約になります。
オール電化の家では、エアコンとIHコンロがかならお金がかかるのでそこをいかに使わないかで節約できる金額が決まります。”

3住宅ローンの選び方は性格次第

そろそろマンション購入を考え始め、色々と勉強をし始めてぶち当たった壁が、住宅ローンについてです。固定金利で借りるのが良いのか、はたまた変動金利で借りるのが良いのか悩みどころです。
3000万円を固定金利(金利1.4%)、35年ローンで借りるとすると、月々の返済は約9万円、総額3797万円。それを変動金利(0.6%)で借りると、月々の返済は7.9万円、総額は3327万円。その差は月々1.1万円、総額は470万円の差にもなります。
これだけで考えると変動金利の方がお得に感じますが、もしこの先金利が2%になったら?4%になったら?と考えると怖くて夜も眠れません。
悩みに悩んで、ここまでくると、もう自分の性格で考えるしかないのかな、という結論に達しました。私のビビりな性格上、金利が上がるのを35年間怯えるより、損はするかもしれませんが、安心して暮らせる方が精神衛生上良い気がします。35年経ってみないと得したのか損したのか分かりませんし、損をしたとしても安心料を払ったのだと納得できる気がします。
ちなみに変動金利と固定金利をミックスして借りたらどうかとも考えましたが、メリットは半分しか受けられず、デメリットも半分受けてしまうと思うとお得感があまりないので、この選択肢は却下しました。
住宅ローン、奥が深いです。一番は現金一括で購入できるのがいいのでしょうけどね。
プロミスの審査|お金を借りるならプロミス

物価が違いすぎる

最近、ダンナさんの仕事の都合で東京に引っ越し、物価の違いに驚いています。
引っ越す前は兵庫県に住んでいました。
周りは田んぼというのどかなところでした。
周りに農家が多かったので、野菜はとても安かったです。
きゃべつは100円くらいで売っていましたし、
秋になると、柿やぶどうなども値段を気にせず、買っていました。
また、海が近かったので、魚もとても安く
魚にもよりますが、お刺身用の短冊がものすごく大きくて299円でした。
お肉も牛肉などは高かったですが、業務用スーパーなどがあり
チキンドラム16本入りが399円などでした。

そして、東京に引っ越してきて、あまりの物価の高さに驚きました。
野菜が高すぎる。
今年の冬は特に高かったようですが
きゃべつ350円って何?
お肉がとっても薄いお肉が数枚入って400円?
もしかして、私はものすごく高級スーパーで買い物をしているのかしら?と思いましたが
至って普通のスーパーです。
そして、お魚は今までの半分の柵、以下で800円くらい。
もうくらくらしてしまいます。
結果、切りつめても食費は2倍になりました。
全然食べたいものが食べれません。
東京ってどんだけ物価高いのよ?と恐ろしくなりました。
東京に物価の安い地域はないのかしら?

あまりにも給料が低すぎて困ったからやった

以前は派遣で働いていたのですが、あまりにも給料が安いし必ず仕事にありつけるという保証ができないので生活するのに苦労をしていました。
不況になれば真っ先にリストラされるのは派遣社員で仕事が切られると次の職場を探すということをしなくてはいけないのですが、なかなか仕事にありつけないということもあるのです。
ある日、たまたま見たテレビでクラウドソーシングという働き方が紹介されていてパソコンとネット環境があれば自宅でも仕事ができるということがわかりお小遣い稼ぎという感覚で始めたところ結構仕事が入ってくるようになり、その分収入を確保することができるようになりました。
更にアルバイトもしながらクラウドソーシングで仕事をしてお金を増やそうと考えたらお金のことについてもっと知りたいという思いも出てきて金融商品を検討しているところです。
もちろんお金は少ないので、小額から始められるものとして仮想通貨や投信積み立てなどから始めてみようかなと思います。
給料が少ない人は収入源を複数確保しておくことによって収入をアップさせることも出来るし、リストラされても複数の収入源があるのである程度のリスクを軽減することができるようになります。

私の節約体験談

やんちゃざかりの2人の息子を抱え、日々節約に奮闘する専業主婦です。電気はこまめに消し、シャワーは流しっぱなしにしないなどあらかたの節約は試しているものの、自分の洋服代やおしゃれにまでは、なかなか手が届かないのが、ストレスになっていました。そこで最近はまっているのが、ポイントやモニターでのおこずかい稼ぎです。今はスマホで手軽にポイントをためることができるアプリなどがあって、主婦が家事の合間にコツコツと家にいながらポイントをためることができます。そのたまったポイントで、自分の洋服を買ったり、化粧品のモニターをして、お得にお化粧品を手に入れたりしています。ポイントで買えば、家計にひびかないですし、高価なコスメもお得に試すことができます。最近はさらに交換するだけでなく、現金化することもでき、外に働きに出ることなく貯金がたまって、家計も大助かりです。ポイントというと、以前はスーパーのポイントカードぐらいしか利用していなかったのですが、今ではゲームやアンケートで、暇な時にポイントをためることができます。どうせゲームで遊ぶのなら、ポイントがたまってお小遣いが増えるほうがお得ですよね。子供のゲームもポイントアプリに変えたら、お小遣いは自分で稼げるようになりました。これからもポイント稼ぎに目が離せません。

床の雰囲気を変えました

タイルカーペットを使い模様替えをしてみました。

オフィスの床などに敷かれているじゅうたんがパズルみたいにワンピースになったあれです。

「部屋の気分を変えたいからフローリングのお部屋にタイルカーペットを敷いたらどうかな」と会社の人に話したら、使わないタイルカーペットがあるからと、譲ってくれたのです! とても感じの良い色だし上等なタイルカーペットなので嬉しかったのですが、8畳分には少し足りず置き方に悩みました。

 

家具が少ないのでどうしても片方足りない部分が見えてしまうのです。 結局、部屋の中央に敷いてみたら気に入ったので、中央のテーブル周りに敷いてみることにしました。 ソファの前にローテーブルがあるのですが、ソファではなく床に座っている時間の方が長いんですよね。

 

敷き終えたらお尻が冷たくて硬かったのが軽減されました。 滑り止めが付いていて、床などに置くだけでカーペットの裏のゴムで安定されます。 普通はレイアウト後に両面テープなどで固定しますが、またすぐ模様変えをすると思うので固定はしませんでした。ゴムがしっかりしていて滑るわけでもなく、掃除の際もすぐにはがせて扱いやすいし便利に使ってます。

 

掃除機をかけた時にいちいち吸い付いてきたら面倒だなと思ったのですが、思ったより重量感がありその心配は無用でした。 秋冬に向け良い感じに部屋の雰囲気も変わり、大満足です。